Winter's man

かんがえたこといろいろ

Act Against AIDS 2016「THE VARIETY 24」@日本武道館 2016-12-01

 毎年世界エイズデーの12月1日に開催されるAAA(Act Against AIDS)は俳優の岸谷五朗さんと寺脇康文さんが中心になって行われるチャリティーイベントです。今年で24回目。ポルノグラフィティはデビューした年の1999年から一度を除きほぼ出演しています。

今年はなかなか出演が発表されないのでもう卒業なのかと寂しく思っていました。しかし!! 11月11日に出演が追加で発表!うわーん、もう少し早く発表して下さいよ〜公式さん!つ、都合が…。

だけど1回でも多くライブをやってくれるのはとっても嬉しいです!

実は私もAAAはまだこれで2度目なのです。今まで何故かそこまで行く気になれなかったり、都合がつかなかったりで、なんとなく敷居が高いAAA…(勝手に)

 

去年あたりから趣向が変わって俳優さんメインのイベントになってる?らしく今年もそんな感じかなと思っていました。ミュージカルやお芝居は大好きなんですが、ライブ行く方に時間とお金を割いているためなかなか行けてない。だからあまり俳優さんの名前も知らないんですよね…。ましてや最近の若い俳優さん…!そんな私が楽しめるのか、少し不安がありました。

でもそんな心配はご無用!以前行った時よりとっても面白かったよ!!!

 

 

初っ端、三浦春馬くんが花道から登場して「フレンズ」を大熱唱!ところがそのうち声が裏返る。苦悶の表情を浮かべて「キーが高くて歌えない〜」と崩れ落ちる。いや、ホントは歌えるでしょ?春馬くん!笑

次に岸谷五朗さん。岸谷さんも「シェリー」を熱唱〜と思いきや早々に「歌えない〜」と崩れ落ち、最後に登場したのは寺脇康文さん。酸素吸入器まで持ってるよ。そして流れるイントロは…「大都会」!誰が歌ってもキーが高くて挫折するってヤツですね。もちろん歌えず、そこで3人で「助けて!ミュージシャン〜!!!」と叫びます。

コミカルな小芝居に会場は大爆笑でした。

こんな感じでミュージシャンにバトンを繋いで行くんですが、コントにはモノマネが入ったりして普通に司会をするのとは違っててすごく楽しい演出になっているのです。

俳優さんたちも普段からミュージカルで鍛えている人ばかりですから、実は歌はめっちゃ上手く踊りももちろん当たり前に踊っちゃうのですよね。だからそこで紹介されるミュージカルの演目や楽曲を知らなくてもとっても楽しめました。

ただやっぱり何も知らない身としてはコメントするほどの知識もないんで、やっぱりファンであるポルノのことだけ書きます。

 

ポルノさんは中盤あたり、毎年やっているAAAの活動報告の次の出演でした。

活動報告、なので当然客席は静まり観客は全員椅子に座ってしまいます。でもポルノ、といえば特にフェスやテレビではテンションアゲアゲの立ち位置だし(そういう役回りだったりする?)観ている観客だって自然にテンションが高くなってしまう~って感じのアーティストですよ?

ここでポルノを順番に持ってきたのは~いったん静まった興奮に火をつけてこれから後半をさらに盛り上げていこうとする主催者側の作戦!?なーんてことを相方さんと後から話して盛り上がっていた(笑)

 

最初に出演が決まった時から、BEGINの島袋優さんとの共演と洋楽のカヴァーをやることが発表されています。島袋優さんといえば今話題の「海の声」ですよね。この曲は島袋優さんが作曲をして、作詞は桐谷健太さんが歌っているauのCMを担当されている電通社員CMプランナーの篠崎誠さんです。電通社員さんの作詞ってある意味凄いですね!

まあ、そういうことで絶対にこの曲はやるに違いない!というのはファンの間で噂されていました。

あと一つの洋楽カヴァーは果たして…??

 

舞台に立った島袋さんは三線を持っています。そして新藤はアコギ。はい、海の声ですね!!

しょっぱなから「空の声が~」を「海の声が~」で入ってしまった歌詞間違えありですが……(笑)でもでも、はあああ〜〜岡野の優しい声はいいなああああ。ロックな激しい曲でかっこよく歌うのも好きだけど、どこまでも空に伸びていくようなキッパリしたロングトーンも好きだけど、バラードの優しくてかすれ気味の温かい声は絶品ですよ?

ファンじゃない人から見たらまあ普通に「上手い」くらいなのかもだけど(いやかなり上手いよねっよねっ?)私はとことん褒めちゃうぞ。たぶん私はどこまでも岡野に甘く優しくだらしなくできていると思う。

この「海の声」の楽曲自体音程低めだし、もっともっと声を張って歌うのかと思っていたけどふわっとしたあったかい声をずーっと持続。声量をかなり抑え気味に歌っていましたね。まあそれだからかちょっと聞き取りずらいところがあったのは確かだけれど。

島袋さんは艶のある響く声をしてらしてさすがでした。正直、BEGINは比嘉さんのイメージが強くて島袋さんが歌っているところの印象がなかったのですが(勉強不足ですみません)、本当にいい声をしてらっしゃいます!

 

次は新藤が赤いES-345に持ち替え、島袋さんも青いストラト(だっけ?)に。「昔BEGINさんがライブでカヴァーしていたのを見たことがある」という岡野の紹介から「エリック・クラプトンのWonderful Tonight

クラプトン!!始まる前に、洋楽って何やるんだろね~エアロスミスかプリンスかクラプトンかビートルズかね~なんて言ってたのが来た!!

いや~~~これも優しくてあったかくて(語彙力)!夢見心地にさせてくれるようなラブバラードを情感たっぷりに歌う。ギターの音色もリッチ。まさにワンダフル・トゥナイトです。

これ、クラプトンが奥さんとパーティに出かけようとして奥さんが身支度を整えている風景を見てて思いついた曲らしい。彼女がお化粧して何着ようか迷っている。どれを着たらいいかしら?何着たって君は綺麗だよ。はい、ごちそうさまです。

あら、ちょっとこれって「We Love Us」っぽいね?

前に何かで岡野が、自分はステージに立つと必要以上に声を張ってしまう~みたいなことを言ってたけれど、最近はそういう感じが少なくなってきたような。そういうのをコントロールしているような気がするんだけどどうだろう?

 

事前に聞いていたのは、さっきも書いたけど島袋さんとのコラボと洋楽カヴァーだけなのでもう終わりかと思っていたらまだポルノは続くよ!ポルノファンのテンションがググッと上がります。

ここで前半で歌った藤原さくらちゃんを呼ぶ。さくらちゃんは事務所の後輩で新藤のラジオでセッションしたこともあるんだよ~。そのせいか新藤は、最初島袋さんには「背中を借りる」(いや、胸を借りるだろおおお)とボケてたのに、さくらちゃんには「おい、さくら、俺の胸貸すよ」と先輩風を吹かせて客席は大笑いでした。

何をやるのかと思ったら、もうひとつ洋楽カヴァー。始まったのはビートルズのレディ・マドンナ

さくらちゃんとフレーズを交互に歌う。

ふふふ…もしかしたらさくらちゃんの方が声が低いですかね?声質が全然違う二人なので合うかって言われたら合わないのかも知れないけれど、これはこれで新鮮でした。間奏のところで岡野が「パッパッパ~」って指でリズムを取りながら口ずさんでいた。もう本当に楽しそうで何より。演奏を、歌を、ステージで楽しそうに演ってくれているのって見ているこっちまで幸せな気分になっちゃう。こういうの大好き。

 

レディ・マドンナが終わって、岡野がさくらちゃんに向かって「さくらさん、実は言いたいことがあるんです」

さくら・観客「?」

岡野「実はさっき間違って君のドリンクを飲んでしまって…(僕が口をつけたのは)嫌でしょ?」

さくら「あ、大丈夫ですー」(堂々)

岡野「いやいや、嫌でしょ。替えてあげてー」(スタッフさんに指示)

私たち(そのドリンク捨てるんならこっちにくれええええええ!!!!)

というやり取りがありましたとさ(笑)

 

そして最後にハネウマライダー

観客もみんなで立ち上がってタオル振り回す。岡野は花道を駆け回る。やっぱりポルノは盛り上がるなあ~~!!!自然な形で会場が一つになったよ。

あっ、そういえばポルノ自身の歌ってハネウマだけでしたね。

けれど物足りなさは全く無く。いつもと違うシチュエーションでいつもと違うバンドと演り、いつもと違う歌を歌う。レア感満載でした。ポルノではなかなか見られない岡野の優しい歌い方も満喫できたしね。

 

カヴァーというのは実際賛否両論あるものです。どんなにカヴァーする側が上手く歌ったとしても、たとえ元歌の歌手の歌があまり上手くないとしても、オリジナルにはかないっこないのです。

また、ただ歌っただけでは単なるカラオケになっちゃうから、自分のものにするためにキーを変えたりアレンジを大幅に変えたりします。私も正直言ってそこまで好みでもないです。

でも、カヴァーって歌う側の歌唱力がめっちゃ丸わかりになるものでもあるんですよね。あと、バンドだと曲を作っている人がいつも同じだったりするので、どうしても傾向が似たような曲になりがち。歌い方がきまりきってしまったりします。だからそんな時にカヴァーを聴いたりするとその歌手の別な面が見えたりするのです。まあ、私もこの歳になってそういう聴き方も有りだな、と思うようになったのです。受け入れられない人がいても全然おかしくありません。

 

と言うより私はただ単に岡野の歌声が大好きなんです。

岡野がどんな歌を歌っても好きなのです。ポルノは曲も好みなのでポルノの歌ならもっと嬉しい。でもたとえカヴァーだって彼の別な面が見れる。それがたとえようもない喜びなのね。おかげさまで今回聴いた海の声もWonderful Tonightも、桐谷健太がテレビで歌ってもクラプトンのCD聴いても、すべて岡野昭仁仕様で脳内再生余裕になりました。あああああ、なんて痛いオタなんだろ!!!笑

 

でも、今回久しぶりにAAAに行って、なんだかとっても楽しくって、これ、たとえポルノが出てなくてももしかしたら楽しいイベントじゃない?なんて改めて思って。(今ごろ大変失礼!!!) AAAの活動の主旨にも大変共感できたし。来年はもしポルノが出なくても行ってみようかななんて思った夜でした。

 

 

 

 

 セトリ

①フレンズ(三浦春馬

②シェリー(岸谷五朗

③大都会(寺脇康文

④大都会(三浦春馬岸谷五朗寺脇康文

⑤世界でいちばん熱い夏(岸谷香

⑥ミラーボール(岸谷香

⑦innocent world(平間壮一)

⑧SOUL WRAPPIN'(武田と哲也、岸谷五朗寺脇康文

⑨4U(武田と哲也)

⑩Soup(藤原さくら

⑪大きな玉ねぎの下で(サンプラザ中野くんパッパラー河合

⑫神話(サンプラザ中野くんパッパラー河合

⑬OKAP(サンプラザ中野くんパッパラー河合

⑭Maybe If…(柚希礼音、植原卓也水田航生

⑮恋ごころ(Da-iCE

⑯パラダイブ(Da-iCE

⑰大都会(中川晃教

⑱君の瞳に恋してる(中川晃教

⑲シェリー(岸谷五朗寺脇康文三浦春馬中川晃教

バイバイベイビー(岸谷五朗寺脇康文三浦春馬中川晃教

㉑STAY(柿澤勇人、平間壮一、松下洸平)

㉒世界の王(柚希礼音、柿澤勇人、平間壮一、水田航生

プリシラ(山崎育三郎)

㉔Everybody Say Yeah(三浦春馬小池徹平

       ~AAA活動報告~

㉕海の声(島袋優、ポルノグラフィティ

㉖Wonderful Tonight(島袋優、ポルノグラフィティ

㉗Lady Madonna(島袋優、ポルノグラフィティ藤原さくら

ハネウマライダー(島袋優、ポルノグラフィティ藤原さくら

㉙Brave Love,TIGA岸谷五朗寺脇康文三浦春馬サンプラザ中野くん、上原卓也、平間壮一、水田航生ウルトラマンティガ

㉚GIRLS TALK(高橋みなみ岸谷香

㉛熱くなれ(大黒摩季

㉜My Will〜世界は変えられなくても〜(大黒摩季

ら・ら・ら大黒摩季

㉞一人じゃないから(オールキャスト)